自分の為にも老後の為にも貯金はしっかりしていきましょう。

老後に必要な貯金額

 

今はまだ若いから老後のことなんて考えられないや、老後はいくら溜めておけば安心なの?と人によって「老後」に対する考え方はまちまちです。
しかし、早いうちに老後の事を考えておかないと、あっという間に年をとり、気がつけば「老後」が目の前、なんてことになるかもしれません。
そこでここでは老後のために残しておきたい貯金額についてご紹介します。

 

定年退職する年齢や年金をもらえる年齢

現在の会社の制度は、定年退職の年齢は「60歳」です。
定年退職後の再就職制度があったとしても65歳~70歳くらいまでの雇用となり、再雇用になると定年退職前の年収よりも大きく下がります。

 

年金を取得できるのは65歳からとなっていますが、もらえる年金額はその年の景気や情勢によって変わってきますし、年金だけで老後を暮らすのはかなり苦しいと言わざるを得ません。

 

老後までいくら必要か

 

老後までにかかるお金

まず今の生活レベルを保つ為に、年間いくら必要か考えて見ましょう。

 

年金は今現在と同額受け取れる訳ではありませんが、65歳で国民年金を満額納めていたとして、月額約65,000円年額にすると約780,000円受け取れる事になります。
厚生年金に加入していた場合、夫婦で約20万円程度もらえる場合があります。

 

仮に国民年金だけ加入しているとして、夫婦で年金が約13万円、足りない分を貯金で補う事になります。
仮に65歳からの老後を、夫婦で今の生活レベルを落とさずに生活する月額が30万円とすると、約17万円が毎月不足するわけです。

 

そうなると、1年で約200万円の赤字になります。
仮に85歳まで生存するとして、約4,000万円の赤字になり、その分を貯蓄で補う必要があります。

 

また、老後には生活費以外にも医療費が高額になってしまう可能性もあります。
今から老後の事を考えて、コツコツ貯金をし、老後にも余裕のある生活をおくれるようにしましょう。